メニュー

指紋鑑定専門の民間機関
R&I 無料相談、依頼方法

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

指紋鑑定についての事例集

事例ファイル Case3.
東京都内在住の64歳主婦からの依頼

家庭内で度々財布から現金が消失する事件が発生しており、決まって盆や正月、法事などの親戚が集まる時に限って行われる。

最初のうちは、気付かなかったが、出前を取った際の支払いのときにお金が足りない事があり、これはおかしいと思ったのが事の始まりであった。

相談者は、その場では騒ぎを起こして気まずい雰囲気にはしたくない事もあり、後日、警察に相談しに行く事に・・・
警察に相談した結果、空き巣や泥棒でない限り、家庭内のことは対応できないと言われてしまった。

当社へ相談に来られた相談者は、犯人は家族が親戚のうち誰かだと思われるので、犯人を特定し、お灸を据えたいとの事である。

検体を拝見したところ、鑑定物は、皮製の長財布であるが、最も鑑定が難しい部類のものであった。
それは、サイフに付着した指紋の油成分をサイフの皮が吸収してしまう性質上、遺留指紋の劣化も速く、早急の検出作業が必要で
あったため、即日、サイフをお預かりし、研究所にて検出を行う事とした。

結果
当鑑定機関にて、困難とされる革製品からの指紋の検出に成功した。
持ち主である依頼者の指紋をそのサイフから除外鑑定し、残った指紋が2個検出された。
この指紋は犯人の可能性が高い事から、次のステップである対象指紋との照合となった。

先ずは、家族の指紋から照合し、不合致であった場合、親戚関係の指紋と照合する予定である。

しかし、後日、依頼者から照合鑑定は行わない旨の連絡を受けた。
その理由を聞いてみると、対象資料として、家族5名の指紋を採取する予定であったが、家族会議の際、第三者の指紋がサイフから検出された事が話題となり、犯人捜しで盛り上がっていた中、追い詰められた精神状態からか、相談者の次男が犯人として名乗り出たそうである。

次男は、遊ぶ金欲しさの犯行と認め、度々、親のサイフから現金を抜いていた事を自供したという。


>>>指紋鑑定、検出/採取/照合の事例ファイル
>>>一覧に戻る


指紋鑑定、検出、照合、指紋証明書の発行、裁判証拠など





事態は一刻を争う可能性も!今すぐ行動、ご相談を!

時間が経過するほど、証拠は失われます。

 0120-477-885
 指紋鑑定お問い合わせメール
 info@randi-supply.com
 本社:〒141-0022
 東京都品川区東五反田1-10-7
        AIOS五反田ビル

東京都港区高輪1-4-26高輪東誠ビル(旧本社)
指紋鑑定民間機関アール・アンド・アイ


当社の指紋の鑑定、検出、採取・照合は、トップレベルの実績との評価を頂いております。

ご依頼の際には、明瞭な費用の設定、安心料金にて精度の高いサービス提供を約束いたします。

アール・アンド・アイの指紋鑑定、指紋採取現場


インフォメーション


コンタクト


指紋鑑定、検出、 採取、照合、指紋証明書の発行など
ご相談は R&Iネットワーク

【東京本部】 東京都品川区
TEL:0120-477-885

【神奈川-横浜】
TEL:0120-923-180

【関西-大阪】
TEL:0120-923-158

【千葉】
TEL:0120-923-288

東京を拠点として、指紋の鑑定、検出、 採取、照合、指紋証明書の発行業務を行うR&I
ご相談は無料です! ご連絡お待ちしております。